1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2008

デザイナーズハウスの不動産販売[エステイトジャパン]

エステイトジャパンの最新情報です。愛知県名古屋市を中心にデザイナーズ住宅の新築戸建及び土地の不動産販売しております。長久手、三好、東郷、日進、岡崎、豊田、幸田などにも多く販売中。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23

Category: 最新情報

Tags: ---

Comment: 3  Trackback: 0

親御さんからの意見・・・

当社のブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

先日、あるお客様から一本の電話が。

『親が反対しているので・・・・』

親御様からの反対の意見・理由は、それぞれあると思います。

決して、間違った意見をお話しされているとは思っておりません。

子を持つ親として、心配するのは当たり前のことなのですから。


しかし、住むのは本人とその家族です。

では、

結婚も、親の意見でしたのですか?

今の会社も、親の意見で働いているのですか?

車も、親の意見で購入したのですか?


学生ならば仕方がないことかもしれません。

でも、ご主人様も奥様も、ご結婚されて、社会ではもう立派な大人です。

自分の意思・意見に責任を持つ年ではないでしょうか?

お子様がいらっしゃるご家庭の方は、ご主人も奥様も親なんです!


家というものは、自分のためだけではありません。

一番は、奥様・お子様のために必要な住まいなんです。

日常の会話・遊び・家族の笑顔などすべてが、その住まいに詰まっております。

疲れた心身を癒してくれるのも家です。

家とは、<家族と楽しい生活する時間を購入する>のです。

だから、

親御様からの意見で、決めたり、諦めたりしないで、

ご自身の意思で決めた方が、住まわれた後に後悔しないのでは・・・・・?


以前、私のお客様で親御様が決めた家をご購入された方がいらっしゃったのですが、

数カ月後に『自分達が気に入った家を買っておけば・・・・』

と、呟かれたあるお客様(S様)を思い出しました。

そうなんです!

後悔してからは遅いのです。

何度もお話ししますが、

『家は、親御様や他の人が住むのではなく、自分達がずっと住む家なんです。自分達が気に入った家を購入するのが一番なのです。』

こんな後悔を、他のお客様に経験して欲しくない気持ちで一杯です。


ちょっと違う話しをしますが、

みなさまの中で、会社を辞めて将来独立される夢をお持ちのお客様もいらっしゃるかもしれません。

親御様は、心配ですから反対される方もいらっしゃるでしょう。

その時に、親御さまの反対で独立を諦めますか?


親御さまへ

【良きアドバイスをしてあげて下さい。でも、家は、最後はご本人で決めさせて上げて下さい!】

これから、ローンを支払っていくのは、当人なのですから。

家に対する価値観は、親御様・本人様とは違うのは当然のことです。
(年齢や今までの価値観が違うのですから)

お子様も、もう立派な一人の大人ということを理解してあげて下さい。

お子様の考え方を信じてあげて下さい。


   すいません。生意気なことを言って・・・・・・・。


私は、母親一人に育てられました。

何事も自分で決めることを教えられてきました。
(学校・仕事で独立・家・結婚などすべてを・・・)

今まで決めてきたことに、すべて後悔しておりません。

逆に母親には感謝してます。

いつかは、順番からいくと私の母親から亡くなるのでしょう。

その時に母親がいなくても、生きていける!

いつのまにか、自分に自信がついたからなのでしょう。

私の家族を守っていかなくてはいけないですから!



一本の電話から、

色々な熱い想いを語ってしまいました。

今までの私の経験からお話しをしたのですが、

本当に、生意気なことを言って申し訳けございませんでした。


長いお話しにお付き合いありがとうございました。


    <サイトはこちら>

       エステイトジャパン㈱ 大海晃裕


関連記事
スポンサーサイト


月別アーカイブ
タグクラウド
プロフィール

エステイトジャパン

Author:エステイトジャパン
デザイナーズ住宅の販売会社【エステイトジャパン】のブログ

★愛知県の不動産のことならおまかせ下さいませ。

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。